今までの仕事選びは間違ってた?工場でアルバイトデビュー

体力的に楽でエアコン完備の工場勤務は狙い目

接客や人に売り込むといったことが苦手で、難しいこともできないという人がアルバイトを探す場合、建設や引っ越しの作業員といった力仕事を選ぶことが珍しくありません。こうした力仕事は季節に関係なく募集していることが多く、時給が高いからです。工場でのアルバイトもよく求人広告が出ていますが、どんな作業をするのかよくわからないという理由で応募しない人が多いです。
しかし、工場内の作業はやってみると単純で簡単、しかもずっと座っているので体力的に楽というものが多く、エアコン完備で働きやすい環境であり、時給も力仕事並みに高いということで実は狙い目なのです。
なので、力仕事もいいけど体力的にきついという理由で悩んでいる人は、工場に求人に応募してみるといいでしょう。

新人アルバイトなら簡単な仕事に回される

では、工場でのアルバイトは具体的にどういった感じなのでしょうか。まず、基本的に工場では物を作っているので、工場で働くことになるとなにかを作ることになります。なにを作るのかは工場にもよりますが、家電、食品などが多いです。
アルバイトとして入った直後は、だいたい生産ラインの先頭に回されることが多いでしょう。というのは、ラインの先頭が一番、単純で簡単な仕事になるからです。たとえば、家電を作る工場であれば、箱の中から、別の工場が組み立てた基盤を出してどんどん流していくといったことを行います。基盤にパーツをつけたり、あるいは組み上がった基盤のチェックといった作業は、工場の正社員や経験豊富な女性パートが行うことがほとんどです。